格安ヘッドホンは、イヤーパッドの自作カスタマイズで音質改善しよう!

628

音質を求めると高価になりがちなヘッドホンですが、100円ショップで売っている安価なヘッドフォンも、重要なパーツは意外としっかりした部品が使われている事が多いのです。それならハウジングやネットを簡単加工した自作カスタマイズのイヤーパッドにすれば、主に高音域の音質が改善できるという事で、その方法をご紹介します。ヘッドホンも百円ショップレベルで十分なら、加工費用も格安ですので気軽に試せますよ!

ヘッドホンの初期不良チェックは重要

出典:blogimg.goo.ne.jp

まず準備するのはヘッドホンそのもので、100円ショップで売っている安いヘッドホンで構いません。

ただし、安価なものほど使い捨て的な要素が強く、購入した段階で既に初期不良で鳴らない!という事も往々にしてありがちなので、まずは一度実際に何かの機器に繋げて、音が鳴るかどうかは確認してみましょう。

バラしてから音が鳴らない事に気づいても返品を受け付けてもらえないので、ここも重要な作業です。もし音が鳴らないようならレシートを持って、一旦お店にGO!です。

イヤーパッドの分解

まずスポンジを外す

出典:blogimg.goo.ne.jp

音が鳴るのを確認したら、まずイヤーパッドのスポンジ部分を外してしまいましょう。高級なヘッドホンでも簡単に外れる部分ではありますが、安いヘッドホンですとこの時点で破れてしまう事もあるので、少し慎重に作業します。

ただし、もし破れてしまっても適当なスポンジを使って簡単に復旧はできます。

ドライバとハウジングの分離

出典:fujikawa.asablo.jp

スポンジを外したら、イヤーパッドの分解です。

<< 次ページに続く >>