デジカメ画像の圧縮方法!容量に困ったら試したいテクニック

コンデジを始めカメラ付きスマートフォンやデジタル一眼レフカメラ等々、今ではデジカメは誰もが所持する一番身近なツールになりました。日々の生活においてデジカメ写真を撮らない人は、特に若い世代においては皆無じゃないでしょうか。しかし写真をたくさん撮ると、その膨大な画像データの保存場所に困ってしまいますよね?そこで今回はデジカメ画像をコンパクトに圧縮して保存する方法を紹介したいと思います。

画像を圧縮するメリットは?

そもそもデジカメ画像の圧縮とは何のことか分からない人もいるかと思いますので、まずは画像の圧縮について簡単に説明して行きますね。

保存形式「RAW」と「JPEG」について

出典:camerablog.jp

デジカメで写真を撮影する場合、画像データの保存形式は基本的にJPEGかRAWで行ないます。機種によっては他にも保存形式を選択できるものもありますが、基本的にはこの二つのファイル形式を使い分ければ問題ありません。

RAWとは?

まずRAWとは、デジカメのレンズが捉えた風景を、生のまま手を加えていない状態で保存したファイル形式のことです。

RAW形式の画像ファイルは、RAWに対応した専用ソフトをインストールしないと表示できない場合が多く、またRAWファイルはJPEGに比べてファイル容量も大きくなるというデメリットもあります。

ただしRAWの方が生映像に近いので、何かあった時に加工し易いのが特徴です。

JPEGとは?

それに対してJPEGとは、画像を保存する際にある程度の処理を加えてあり、それによって画像ファイルとして扱いやすいものにしてあります。JPEG形式の画像ファイルはパソコン・スマホなどまず間違い無く全ての機種で表示可能です。

つまりデジカメ画像をJPEGで保存している時点で既に圧縮しているとも言えるわけです。RAWよりも容量の節約になるというメリットがあります。

JPEG画像を圧縮しよう

出典:encrypted-tbn3.gstatic.com

さて、RAWよりもJPEGの方がファイルサイズが小さいとは言え、高解像度の写真を撮ればJPEGでもかなりの大容量の画像データとなってしまいます。できれば写真は綺麗に撮りたいと思うものですので、画像データの大容量化は避けては通れません。

ではもし写真の撮り過ぎで保存領域がいっぱいになってしまったら、どうすればいいでしょうか?普通はデジカメからパソコンやクラウド上のストレージに画像データを移すと思いますが、それにだって容量限界はあります。あまりに大量の画像だとすぐにストレージが満杯になってしまうでしょう。

そこで対処法として、JPEGで保存された写真を、さらに圧縮してしまえば良いのです!画像を圧縮すれば、ファイルサイズを何分の一かに小さくすることだって可能です。サイズが小さくなればファイル管理だってし易くなります。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]