一眼レフの日よけ対策を知って、逆光撮影に強くなろう!

一眼レフカメラで逆光の写真撮影をおこなうには、レンズに直接光が入らないように日よけ対策が必要となります。プロの写真家や長らく写真を趣味としている方は、あえて逆光を使った素敵な演出を施した写真を撮るために意図的な撮影をおこなう場合もあるでしょう。しかし、そのような逆光の演出が必要なく、自然な光量で写真を撮ることのできる日よけ対策があるのです。今回は上手に逆光写真を撮影する方法についてお伝えします。

逆光撮影には日よけ対策が大切

出典:fddj.cc

逆光撮影をおこなうにあたって、厄介となる2つの現象があります。ひとつは強い光源をレンズに向けた際、レンズなどの乱反射が原因で光が白っぽくかぶるフレア現象。

もうひとつは、レンズ面や鏡胴部分に不要に光が反射して生まれるゴースト現象と呼ばれるものです。これらの現象を防ぐためには、日よけ対策が大切となります。

フレア現象

出典:withphoto.jp

フレアとは、太陽光などの強い光の方向にレンズを向けた際に、レンズ面やレンズの鏡胴内で光が反射して発生する光のカブリのことです。フレアが発生すると、画面全体の締まりがなくなって白茶けた感じの写真になり、色が変わって見えることもあるなど、せっかくの雰囲気を台なしにしてしまいます。

ゴースト現象

出典:withphoto.jp

ゴーストとは、快晴など良い天気の日中撮影時にレンズ内へ強い光が入ると、カメラの中で反射をくりかえした光が写真に光の輪や楕円、玉の形として映ってしまう光のかたちのことです。肉眼では確認できませんが、レンズを使って撮影した画像に現れる現象です。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]