じゅうたんの掃除機のかけ方はこれで解決!キレイに仕上げるための5つのポイント

  • LINEで送る

じゅうたんに掃除機をかけようとしても、ヘッドが重くてかけづらいことも多いですよね、せっかくかけたと思ったら、ゴミなどがまだまだ吸い取れていないなどということも少なくありません。せっかく掃除機をかけたのですから、無駄な労力にならないために、今回はじゅうたんの掃除機のかけ方のコツをご紹介します。

掃除機の動かし方のコツ

出典:www.cecile.co.jp

ヘッドをゆっくりと動かす

じゅうたんに掃除機をかけるコツとしては、まずヘッドをゆっくり動かすことです。掃除機をささっとかけてしまうと、じゅうたんの表面だけをなぞるだけになってしまいます。

ホコリやゴミはじゅうたんの奥に入り込んでしまっているため、じっくり動かさなくては取ることができないのです。ゴミを吸い込めなければどんどんとゴミは溜まっていってしまいますので、不衛生になりかねません。

ヘッドをゆっくり動かし、じゅうたんの奥に溜まっているゴミなどにアプローチするようにすると、集塵率がアップします。

縦横に十字に掃除機をかける

一つの方向にだけ掃除機をかけても、じゅうたんの場合、なかなかホコリやゴミをキャッチすることは難しいのです。そこで、縦に掃除機をかけたら、横にも掃除機をかけてみましょう。これだけで取れなかったホコリやゴミをキャッチすることができるようになります。

縦横十字の理由は、円を描くように掃除機をかけても、じゅうたんの毛の部分だけが掃除機の吸い込み口に吸い込まれるだけで、じゅうたんの奥に溜まったホコリやゴミには吸引が届かないのです。そのため縦横にかけると取れやすくなります。

じゅうたんの毛を起こすようにかける

ホコリやゴミはじゅうたんの奥の方に溜まっています。そこで、掃除機をじゅうたんの毛を起こすようにかけていくようにします。じゅうたんの毛が起こされることで、奥の方まで吸引口が届きやすくなるのです。

遊び毛も吸い取るようにかける

じゅうたんは使っていくごとに遊び毛が出ます。この遊び毛も一緒に吸い取ってしまえば、じゅうたんの奥のほうにも掃除機の吸引が行き届きやすくなります。こういったことで、じゅうたんの奥に溜まったホコリやゴミを吸い取りやすくなります。

じゅうたんモードで掃除機をかける

掃除機によっては、フローリングの場合やじゅうたんの場合などに応じて、吸引力が調節できる機能が搭載されています。こういった掃除機の場合は、じゅうたん用に切り替えるだけでも掃除の効率が上がってきます。普段の設定を見直してみましょう。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る