脱毛の美容家電 レーザーと光それぞれのメリットは?いいとこどりのフラッシュ脱毛

薄着の季節になってくると、やはり気になるのは無駄毛のお手入れです。最近は比較的低価格で脱毛サロンやエステでの施術が受けられるようになりました。ですが、通う時間と手間を考えるば頻繁な利用はしにくいものです。そこで、自宅で脱毛機器をつかって自分で脱毛できれば便利ですよね。美容家電の種類も様々です。それぞれの特徴を知っておきましょう。

脱毛の種類

出典:mycustomgreetings.com

光脱毛、レーザー脱毛

最近の脱毛手法は光脱毛が人気ですが、光脱毛もレーザー脱毛も脱毛の仕組みは殆ど同じです。皮ふの表面にある黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光を照射し、毛根にダメージをあたえてムダ毛が生えない様にします。

ですが、照射する光が黒いメラニン色素に反応してしまうので火傷の恐れがあり、日焼けした肌や色素沈着が濃い部分には、施術が行えない事もあります。

黒いメラニン色素が脱の為の重要なポイントとなるので、ウブ毛のような色素の薄い毛には施術を行っても効果が得られません。こういう場合は光脱毛やレーザー脱毛は向かないので、ニードル脱毛を選んだ方が良いでしょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴の1つ1つに絶縁針を入れ電気を流し、毛を生やす細胞を破壊する脱毛方法です。毛穴1つ1つなので時間がかかりますが、ほぼ確実な永久脱毛の方法だと言われています。デメリットは、料金が高く、数回通わなければいけないことと、毎回かなり痛いという事です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]