体重計を縦置きしてはいけない理由とは?

  • LINEで送る

さまざまな種類が出てくる体重計。それぞれの会社が工夫を凝らし、自社の特徴を打ち出す商品を販売しています。体重計一つで測れるものは、現在では単なる体重だけでなく、体脂肪や体の年齢などにまで広がりました。しかし今回は、あえてそういったスペックに目を向けるのではなく、「体重計と縦置き」というキーワードについてお話していきましょう。体重計は縦置きをしてもいいのか、それともだめなのか。だめであるとしたらそれはなぜなのでしょうか。

体重計の縦置きはNG?

出典:pixabay.com

体重計は縦置きしてもよいのかどうかということを、まずは考えていきましょう。

現在の体重計は、デジタル式のものがたくさん販売されています。体重計や体組成計と呼ばれるものもこのような形になっており、100グラム単位まで数字でしっかりと打ち出してくれます。アナログ式の場合は、頑張って確認して0.5キログラム程度が限界であったことを考えれば、これは驚異的な話です。50グラム単位で表記してくれるものも普通になってきています。

このように、繊細な測り方を可能にしたデジタル式の体重計ですが、これは基本的には縦置きをしてはいけないものだと言われています。加えて、アナログタイプの体重計も、基本的には縦置きは望ましくないと言われています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る