デジカメのフラッシュは使いよう!使っていいシーンとダメなシーン

デジカメには「フラッシュ」機能が内蔵されています。フラッシュというのは写真撮影の際、被写体にあてる閃光のことです。「フラッシュなんて使ったことがない」とか「どんなシーンで使ったらいいのかわからない」。または「フラッシュを使うと不自然な感じに写るので、好きではない」という人もいるかもしれません。しかし写真撮影において、フラッシュはとても大切なものです。そこで今回はデジカメのフラッシュについて、まとめてみました。

デジカメのフラッシュのモード設定を覚える

出典:guide-to-auction.com

デジカメの内蔵フラッシュは、オン、オフ、その他様々なモードの設定をすることができます。

AUTOモード

デジカメが自動で判断して、フラッシュを発光してくれます。必要に応じて発光しないこともあります。

強制発光モード

強制的にフラッシュを発光してくれます。

発光禁止モード

フラッシュの発光を禁止します。フラッシュ禁止の場所での撮影に重宝します。

赤目軽減モード

フラッシュ撮影で人物を撮影すると、目が赤く写ってしまうことがあります。この「赤目」の現象を軽減させてくれるのがこのモードです。

スローシンクロモード

何がスロー、つまり遅いのかというと「シャッター速度」が遅いときに、フラッシュを同調させてくれるモードです。

デジカメによって多少の違いはありますが、大抵フラッシュマークのボタンを押すことによってフラッシュのモードを切り替えていくことができます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]