デスクトップパソコンで再生できるブルーレイディスクのメリットと選び方のコツ

近年、パソコンはテレビを見たりブルーレイソフトを鑑賞したりと幅広い活躍をしています。 特にテレビがない部屋でもブルーレイで映画をゆっくりと楽しめる環境は、一人で集中して鑑賞したい時などに非常に便利です。 ブルーレイディスクも最近は価格が安定してきており、以前と比べて入手しやすくなりました。 もともとDVDの再生機能が標準装備されているパソコンは多いですが、パソコンによってはまだブルーレイに対応していない製品もあります。 そのため、DVDよりも高画質で保存できるブルーレイ対応パソコンがおすすめです。

ブルーレイディスクの対応メディアを確認しよう

一口にブルーレイといっても、対応メディアはさまざまなものがあります。

最新型のデスクトップパソコンでは、現在扱われている規格のほとんどに対応できますが、少し前の型のものだったり、購入してから時間が経ったりしていると、ブルーレイを入れても再生や録画ができない場合があります。そのため、これから購入を検討しているものや、今使っているデスクトップパソコンが対応しているメディアがどれくらいあるか確認してみましょう。

BD-ROM

出典:www.blu-ray.com

映画やドラマといった、市販されているブルーレイに使われている規格です。そのため基本的に再生専用であり、デスクトップパソコンを使って録画をすることはできません。BDドライブが搭載されているパソコンであれば、ほとんどが対応しているため再生については問題がありません。

BD-R

出典:av.watch.impress.co.jp

一度だけ録画ができるタイプのメディアです。書き込みができるデスクトップパソコンであれば、問題なく再生と書き込みができます。また、書き込みが対応していない場合でもBD-Rに記録されている映像そのものを再生することは可能です。

BD-RE

出典:www.mediafire.com

一度だけ録画できるBD-Rと違い、繰り返し録画することができる記録メディアです。

他のブルーレイディスクよりも少々値段が高いですが、たとえ録画を失敗したり、録画した内容に飽きたりした時でも、そのまま書き込みをすることができるため、気軽に撮り直しできるところが魅力です。書き込みができるデスクトップパソコンであれば、大抵問題なく動作します。

また、BD-Rの容量の25GBの2倍にあたる50GBまで記録することが可能なBD-R DL。そして、BD-REの容量25GBの2倍にあたる50GBまで記録することが可能なBR-RE DLもありますので、一枚あたりに録画時間をたっぷりと取りたい場合は、この大容量タイプがおすすめです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]