デジカメのホワイトバランス機能を使いこなして、写真の雰囲気をアップさせよう!

  • LINEで送る

デジカメで撮影した写真を確認したときに、「色がおかしい」「実際の見た目と色が違う」と感じたことはありませんか?何度撮り直しても結果は同じであきらめた、なんてことがあったかもしれません。実はデジカメのホワイトバランスを調整してあげると、見た目通りの写真を簡単に撮影することができるのです。さらに見た目以上に色を強調し印象的な写真を撮ることができます。では「ホワイトバランス」とは何でしょうか?また、どのように調整すればいいのでしょうか?今回はデジカメの「ホワイトバランス」について説明していきます。

デジカメのホワイトバランスって何?

デジカメの「ホワイトバランス」とは「白いものを白く写す調整機能」のことです。

出典:www.olympus.co.jp

色温度を覚えよう

物の色は光源によって、色が変化して見えます。例えば電球の光の下では、物の色が黄色っぽくなります。蛍光灯の下では青っぽくなります。このように光源によって色が変化するのは、光には色温度があるためです。

色温度とは「光の色を数値化したもの」です。単位はケルビン(K)で、数値が小さいほど赤っぽく、数値が大きいほど青っぽくなります。例えば電球は3000K、蛍光灯は4000K,太陽光は5500K,曇り空は7500K程度になっています。

デジカメは初期設定で「オートホワイトバランス」になっています。これはいろんな光源によって変化して見える色を、自然に見えるように自動で調整してくれる機能です。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る