EMS美容家電でお腹ダイエット!インナーマッスルを鍛えよう!

男女問わず多いお悩みは、お腹の出っ張りや余分な皮下脂肪です。お腹の脂肪は生活習慣や食事生活の改善と効果的な運動で改善する事ができます。お腹が出ていると、どうしても老けた印象を与えるので、スッキリと引き締めておきたいものです。かといって、毎日々地味に腹筋を鍛えるトレーニングを継続するのは、辛い事です。挫折してしないで、お腹ダイエットを成功させる為にはどの様な方法があるのでしょうか?

お腹に脂肪が付きやすい人の特徴は?

出典:www.bibeaute.com

お腹の出っぱりでお悩みなら、何故そうなるのかを自覚する事で、改善する事も可能です。それには、普段の生活習慣から意識しておきスッキリしたお腹を目指しましょう。

姿勢の悪い人

姿勢の悪い人は、どうしてもお腹が出がちになります。姿勢が悪いと骨盤も歪んでしまい、無意識に腹筋に力が入り憎くなってしまいます。徐々に腹筋が緩んで伸びてきてしまいます。腹筋が整っていないと、代謝が悪くなって悪循環が生じて脂肪がつきやすくなってきます。

便秘気味の人

常に便秘気味の人も、お腹が出がちになってしまいます。やはり便が停滞していると、内臓の働きが鈍って、栄養の吸収も潤滑で無いので、脂肪の燃焼に必要な栄養素が不足します。エネルギー燃焼の効率も低下し、新陳代謝も鈍り、お腹周りの脂肪として蓄積されます。必ず便秘の改善をされる事をお勧めします。

ストレスをためている人

ストレスを溜めると自律神経のバランスが崩れ、身体が脂肪を燃焼しにくくなります。精神的に落ち込み易い人や、考え過ぎたり、ストレス解消のバランスがとれていない人は、代謝が悪くなり、お腹の贅肉がつきやすい傾向にあると言われています。

冷え性の人

冷えも大敵です。何故なら低体温は新陳代謝を鈍らせるからです。女性はどうしても、卵巣の周りに脂肪が付きやすくなります。内臓が冷えると、身体が内蔵を守るために、臓器の周りに脂肪をつけようと働きかけます。ですので、特に女性はお腹が冷えると、内臓も冷えています。

冬のみでなく、夏の冷房シーズンにも、温かい食べ物や飲み物を摂取するように気をつけましょう。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]