体脂肪計の仕組みを知りたい!そんな簡単な方法でどうして分かるの?

近年では体重計に体脂肪計の機能がセットで付いているため、体重を測った後に体脂肪率が表示され、その数値に一喜一憂したことはありませんか?いつの間に体の脂肪の量を測ったんだ、と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。また、靴下を履いて体重を測ったときは、体脂肪率がエラーで表示されない、なんて経験ありませんか?実は、体脂肪計の測定には「電気」が関係しているんです。そのため、裸足で乗らないと測れないんですね。体脂肪計の仕組みについてご紹介します。

体脂肪計はどんな機器?

出典:www.omron.co.jp

体に蓄積された脂肪を体脂肪といい、体脂肪の量が体重に占める割合のことを体脂肪率といいます。その体脂肪の量の体重における割合を測るのが体脂肪計です。

体脂肪率

体脂肪率は、

体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

で求めることができます。この体脂肪率の値が高ければ、脂肪が多く蓄積されていることを示し、過剰な蓄積を肥満と呼びます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]