ノングレアフィルムはノートパソコンに必要?ブルーライト対策

546

デスクトップパソコン、ノートパソコン、携帯電話、スマートフォン、タブレットといった機器には、液晶画面が多く使われています。これらの液晶画面が、人体にも影響を与えることが確認されています。今回は、これら人体に影響を与える液晶画面について、ご紹介します。

人体への影響は?

出典:wol.nikkeibp.co.jp

昔はコンピュータの長時間使いすぎによるカラダのこりや目の疲れを防止するために、例えば1時間に10分休憩するなどといった健康上の配慮をする企業もありました。その頃は、グリーンカラーやホワイトカラーの文字が表示される画面が主でした。

その頃に制定された厚生労働省のガイドラインがあり、「1時間のデジタルディスプレイ機器の作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」といった内容として推奨されています。

1990年代にパソコンが爆発的に普及し、パソコン自体の性能も格段に向上してきました。画面ということで言えば、何万色というカラーを表示できるようになりました。そのカラーの多彩な表現ができるようになったことで、副作用もではじめてきました。その副作用とは、パソコンで使われている画面液晶が発しているブルーライトが原因で、網膜・角膜への影響、目の痛み、睡眠への影響などがあります。

ブルーライトとは?

出典:blue-light.biz

ブルーライトとは、液晶画面から発生する波長380~500nmの青色光のことです。人間の目は、可視光線は見ることができます。その可視光線の中で、一番波長が短くて、強い光があるものがこのブルーライトです。

<< 次ページに続く >>