炊飯器で5倍がゆを炊いてみよう!炊飯器でつくれる離乳食レシピ!

子どもが生まれ、生後5~6か月頃になると離乳食が始まります。初めは10倍粥からスタートする離乳食ですが、7~8か月頃には7倍粥、9~11か月になれば5倍粥とおかゆの固さも変えなければいけません。もちろん鍋でお粥を作ることもできますが、水加減や炊き方などの微妙な加減が難しいと感じる人も少なくはありません。そこでおすすめなのが、炊飯器を使って5倍粥を作る方法です。水加減が難しいお粥も炊飯器を使えば簡単に作ることができるので、是非試してみてください。

離乳食の進め方

出典:d3kw9b2lsnxnex.cloudfront.net

離乳食は、赤ちゃんが大人と同じ食事を食べられるようになるための準備期間です。赤ちゃんの口の動きや消化機能の発達に合わせて徐々に慣らしていくことで、無理なく大人と同じ食事を受け入れていけるようになります。

そのため、赤ちゃんの成長に合わせて慌てずゆっくりと進めることがポイントです。まずは、10倍粥からスタートしましょう。

ゴックン期(5~6か月頃)

10倍粥をすりつぶして与える。味付けは基本しなくても良い(だし程度)。

モグモグ期(7~8か月頃)

7倍粥を舌でつぶせるかたさ(豆腐くらい)にする。調味料を使う場合はごく少量、風味づけ程度に。

カミカミ期(9~11か月頃)

5倍粥、歯茎でつぶせるかたさ(バナナくらい)にする。調味料や油を使う場合はごく少量にする。

パクパク期(12~18か月頃)

軟飯またはごはん。歯茎でかめるかたさ(肉団子やゆで卵の白身くらい)。調味料を使う場合は薄味にする。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]