電子レンジでラーメンを作る!おいしい作り方とアレンジアイデア

すぐに食べられるのがインスタントラーメンの良いところですが、袋入りタイプのものは手鍋とコンロが必要ですので、すぐに食べられるというわけにはいきません。ですが、袋入りのラーメンをもっと手軽に食べたい!という声が多いのでしょう。最近、100均で、『電子レンジで即席ラーメンを作れる容器』をよく見かけるようになりました。本当にこの容器でおいしく袋入り麺が調理できるのか、また専用の容器を使わなくても調理ができるのか、そしておいしくアレンジする方法について徹底的に探ってまいります!

100均の定番!即席ラーメン専用調理容器

チェーン店系の100均ショップなら、ほぼ間違いなく売っているのが『即席ラーメン専用調理容器』です。インスタントラーメンが入る大きさのプラスチックの容器と半透明のふたがセットになっています。

出典:ecx.images-amazon.com

もちろん100均以外でも、バラエティショップやスーパーなどで購入することができます。値段が高いものはシリコンや陶器でできていることもありますが、基本的構造はどれもほとんど一緒で、『ラーメンが入るどんぶり』+『ふた』がセットになっているだけです。

即席ラーメン専用調理容器の使い方

素材やメーカーが異なっても、調理の仕方はほとんどの商品が同じです。まず、どんぶりに即席ラーメンの麺だけを入れ、ラーメンの袋に記載されている量の水または熱湯を入れます。どんぶりに計量メモリがついてあるものが多いですので、麺を入れる前に水を先に測って入れておくとよいですね。

次にふたをして、容器の説明書に指示されているとおりに加熱します。商品によって若干異なりますが、水から作る場合は5~8分、熱湯から作る場合は2~3分のことが多いです。500ワットで加熱するときは30秒ほど長くするように指示されていることもあります。

やけどに注意をしてどんぶりを電子レンジから出し、インスタントラーメンの袋に入っているスープの素やかやくをどんぶりに入れ、よくまぜて出来上がりです!

電子レンジで調理する時の注意点

インスタントラーメンの袋には、調理前に粉末のスープの素を入れ、調理後に液状のスープの素を入れるように書かれてあることが多いです。ですが、電子レンジで調理する際には、どのタイプのスープの素も加熱終了後に入れましょう。

また、もやしなどを入れたい場合は、麺の下に敷くように入れます。麺をもやしの上に置くと、中まで加熱されずに麺がぼそぼそした食感になってしまう恐れがあるのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]