掃除機はやっぱりキャニスター型!最適の一台を見つけるチャート

すっきりと片付けられる縦型掃除機も良いけれど、自動で床をキレイにしてくれるお掃除ロボットもステキだけれど、やっぱり吸引力重視で選ぶなら昔ながらのキャニスター型が一番です。ですが、キャニスター型と一口で言っても、機能やスタイルなどによって様々なタイプがありますので選ぶのも大変ですよね。チャートに従って選択して行くだけで、どんな方でも自分に合った掃除機タイプが何なのかが分かる方法をご紹介いたします!

チャート1:ゴミ捨て方式を選ぶ

『紙パック式』も『サイクロン式』も、それぞれメリットとデメリットがあります。かつては紙パック式がキャニスター型の大多数を占めていましたが、最近ではサイクロン式が主流になってきました。

出典:www.aucsale.co.jp

紙パック式は、ゴミを捨てるときにほこりが立たないことと長期間ゴミ捨てをしなくても使用できることがメリットですが、紙パックを購入しなくてはならないこと、ゴミがつまってくると吸引力が急激に落ちること、ゴミと空気を分離しないで吸い込むので、紙パックをすり抜けられる細かなほこりが排気されてしまう可能性があることがデメリットです。

サイクロン式は、専用の紙パックを購入しなくて良いのでランニングコストがかからないことと、ゴミと空気を分離して吸い込みますので排気される空気がキレイなことがメリットですが、こまめにゴミを捨てなくてはならないこと、ゴミを捨てるときにほこりが立ってしまうことがデメリットとして挙げられます。

こんな人はこちらがオススメ

ゴミ捨ての手間を最小限にしたい方は紙パック式、消耗品を購入したくない方やアレルギー対策のために排気にこだわる方、同程度の吸引力を持続したい方はサイクロン式が良いと言えるでしょう。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]