イヤホンの音慣らし「エージング」をする時に注意したいこと

519

ではどんな音源で慣らしをすれば良いの?

エージングが目的なら普通の音源で大丈夫です。ただ、始めは軽めの曲をかけます。「最初のうちだけガンガンした音楽を控える」程度で十分です。また、使うのは二時間くらいまでにして、インターバルを入れます。

イヤホンも良く聴く音楽のくせがつくと言われています。自分が好きな音楽に合わせて馴染ませていくのが一番です。ハイレゾのイヤホンでは最初に高音が刺さる、という人もいますが、通常の使用の中でやや改善していきますし、エージングをしても劇的な変化はありませんので、特にこれといったエージング法などは気にしないで良いでしょう。

エージングでやってはいけないこと

出典:final-audio-design.com

イヤホンを慣らそうとして無理をする人がいますが、やってはいけないことが二つありますから、それは覚えておいてください。それは大音量で再生することと、連続で再生し続けることです。

大音量で再生してはいけない

小さな音も大きな音も出さなければと思い込んでエージングをして、大音量で再生する人がいますが、それはイヤホンを痛めます。大きな音で再生させると音が荒くなります。耐久テストではないので、最初から大きな音で再生しないようにしましょう。

例えば別々に購入した音楽再生プレーヤーの最大出力が、イヤホンよりも大きい場合などは、イヤホンが壊れる可能性もあります。壊れないまでも中の繊細な部品に悪影響を残して音質が劣化する原因になりかねません。聴いている音楽が時々大きくなるくらいでしたらともかく、最大の音量でのエージングは全く意味がないばかりか害があります。

<< 次ページに続く >>