イヤホンの音慣らし「エージング」をする時に注意したいこと

皆さんはイヤホンを買った時に音慣らしをしていますか?エージングと呼ばれるこの慣らしの時間は、イヤホンで気持ち良く音楽を聴くためにはぜひやっておきたいことです。慣らしは必要ないという方もいますが、購入直後とエージング後では音の聞こえが変わります。何十時間もする必要はありませんが、最初に少し気に掛けるだけで良い音が聴けるならやるにこしたことはありませんね。エージングをする時に注意したい点と音源についてお話をして行きましょう。

イヤホンの慣らしは必要か?

出典:blog-imgs-50-origin.fc2.com

イヤホンの慣らし(エージング)については必要かどうかということから常に話が始まります。ヘッドホンやスピーカーでは慣らしが必要だということなのですが、イヤホンでまで必要なのか?という疑問がついて回るからです。

イヤホンの慣らしはした方が良い

結論から言うと音慣らしは必要です。他の音響機器では必要でイヤホンだけ必要ないはずがありません。新品のイヤホンは買ってきてすぐには高音が少し気になることもありますが、慣らしをすることで気にならなくなります。

エージングの影響は小さい

ただイヤホンは小さな機器ですから、ダンパーやエッジについてはエージングの影響は大きくありません。あまり注意して聞かなければ違いは分かりませんし、あるいは注意しても分からない程度の違いです。

エージング以外に音に影響を与える要素が多い

それに、エージング以外にイヤホンの形状や使い方、その時の周りの状況など、音に影響が出る要素がたくさんあるので、どうしてもエージングしなければ、というほど気にする必要はありません。

通常の使用でもエージングと同じ効果が得られますから、最初から大音響で連続再生しなければ大丈夫です。通勤や通学の中で使う、ジョギング中に使う、といった使い方ならエージングを気にする必要はありません。それより、音楽を聞こうとして音を大きくしすぎないようにしましょう。難聴の原因になります。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]