6合炊きの炊飯器が少ないのは何故?意外と知らない炊飯器のあれこれ

皆さんがお使いの炊飯器は何合炊きですか?ご飯を食べる人数や用途によって炊飯器の容量を決めると思いますが、世の中には6合炊きの炊飯器があまり売られていないのをご存知ですか?家電量販店にずらりと並んでいる炊飯器を見てもほとんどが「5.5合炊き」なんです。今回はそんな「レアな炊飯器」である6合炊き炊飯器について調べてみました。

炊飯器はなぜ6合炊きではなく5.5合炊きが多いのか?

出典:auctions.c.yimg.jp

炊飯器にお米を入れる場合は1合、2合という量り方をしますよね、だったら炊飯器も5合炊きや6合炊きにすればよいのに…と思うのは当然でしょう。

実は5.5合というお米の量は1ℓ分のお米の量に当たります。1合は180mlなので、1ℓのお米は正確に言うと5.555555…合になりますが、5.5合炊きというのは1ℓのお米の量を基準として炊くことを想定しているんですね。

1990年代には1升炊きや3合炊きと同じくらいの売れ行きだった5.5合炊き炊飯器ですが、最近は核家族の絶対数が増えたために一番の売れ筋となっています。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]