シェーバーでの正しい剃り方にはタイミングも大切!起きてから30分後に剃るべき理由

シェーバーを使った正しい剃り方知っていますか?シェーバーと一言で言っても、電気シェーバーやカミソリがあります。これにはどれぞれ特徴があり、剃り方も違ってきます。朝からスッキリできる、本当の剃り方をお教えします。

あなたに合うのはカミソリ?電気シェーバー?

出典:age01.net

人によって好みがあったり、初めて使った時から同じものを使っている、なんてこともあるでしょう。

しかし、どちらにもメリットやデメリットがあります。自分の肌を傷つけないよう、あなたの肌にあったシェーバーで身なりを正していきましょう。

出典:panasonic.jp

電気シェーバーは肌が弱い人におすすめ

電気シェーバーのメリットは、何と言っても肌に優しいこと。

シェーバーの刃と肌の間に網目状のカバーがされているので、刃が直接肌に当たることがなく、ダメージを軽減します。電気シェーバーは、この網目状のカバーの中に入ってきたヒゲのみを剃るので、肌を傷つけることがないのです。

電気シェーバーは深剃りしづらい

しかし、電気シェーバーには、なかなか深剃りすることができない、そんなデメリットもあります。

今ではだいぶ進化していますが、それでもカミソリには負けるでしょう。特に髭の伸びが早い人や毛深い人は、あまり電気シェーバーは向かないかもしれませんね。

出典:dime.jp

カミソリはヒゲが伸びやすい人におすすめ

カミソリには種類があり、「T字」と「I字」2種類あります。

T字カミソリの場合は広い面積を時短で剃ることができ、一方でI字カミソリは細かく整える時に適しています。場合によって使い分けると便利かもしれません。

よく◯枚刃カミソリなんて聞きますが、T字カミソリには1枚刃〜6枚刃まであります。簡単に言うと、刃も枚数が増えるほど、肌への負担が少なくなるのです。

また多数刃の方が深剃りしやすいので、髭が伸びやすい人や毛深い人に有効と言えます。

カミソリは肌への負担が大きい

しかし、カミソリは直接肌に当たることから、肌へのダメージが電気シェーバーに比べて大きいですのが難点です。また、ヘッド部分が大きいことから、細かい部分を整えることも難しくなります。

カミソリにはこんなデメリットもあるので、自分の肌の状態を考えて使うようにしましょう。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]