食洗機は節約になる?効率的に使うためのポイント

食洗機というと、食器洗いの手間が省ける便利家電といった印象が強いですが、実は使うだけで節約することができるアイテムとしても知られています。本当に食洗機を使用することで節約ができるのか、また、さらにお得に食洗機を使用するポイントについても見ていきましょう。

食洗機で水道代を大幅に節約できる!

食洗機が節約になると各メーカーで主張する根拠となっているのは、水道代を大幅に削減できる点にあります。機種や使用するコースによっても異なりますが、手洗いと比較すると7分の1~10分の1の水道代で済むと試算されていることが多いです。

食洗機の庫内では高圧の水を循環させて使用しているので、少量の水でもキレイに汚れを落とすことができているのですね。

出典:reform-ohsama.com

食洗機を製造しているメーカーの資料によりますと、4人分の食器を洗うのに必要な水の量は、流水で手洗いする場合は平均120~140リットル、ため洗いですすぎだけ流水を使用する場合は平均80~100リットル、食洗機を利用する場合は平均8~12リットルとなっています。1日2回使用するなら、200リットルほどの水を節約することができるのです!

お風呂1杯は200リットル程度ですので、この節水効果はすごいということができますね!

もちろん、節水できると言うことは水道代が安くなるということでもあります。毎日200リットル節水できたとすると、年間では73立方メートルの節水になります。水道代にして約13500円分を節約することができるのです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]