食洗機をクエン酸でキレイに保つ!お手入れ方法と注意点

  • LINEで送る

いつも洗剤と水でキレイにしていると思いがちな『食洗機』。実は赤カビや白カビが発生しやすい、雑菌の温床でもあるのです!食洗機の取り扱い説明書を見ると、「週に1度は専用のクリーナーを使って庫内の洗浄を実施して下さい」と書かれてありますが、専用クリーナーは単価が300円~1000円と高く、気軽に実施することはできません。そんな時に役に立つのが『クエン酸』です。1回当たり10円~50円程度で食洗機をピカピカに保つことができるのです。クエン酸を使ったお手入れ方法と注意点について説明いたします。

赤カビや黒カビには塩素系洗剤

出典:iryou.chunichi.co.jp

洗いだけのコースに設定している場合や、庫内乾燥はめったに使用しない方の場合、食洗機内部のかごや残菜トレーにピンク色のぬめぬめとした赤カビや黒カビが発生しやすくなります。また、パッキンの裏側など通気性の悪い部分もカビ発色地帯となっています。

これは、湿度が高くて暖かいと言う食洗機の庫内の環境が、カビの繁殖に適しているために起こる現象です。

食洗機を使う度に乾燥機能までしっかり使って常に庫内を乾燥しておくことや、洗い機能が終わったらすぐに食器を取り出して内部を軽く空拭きし、ふたを開けて内部が完全に乾燥するまで放置することで、赤カビや黒カビは防ぐことができます。

カビの落とし方

ですが、すでに発生してしまった赤カビや黒カビはどうすればいいのでしょうか。そんな時は『塩素系洗剤』の出番です。台所用塩素系洗剤(200円~300円程度でコンビニやドラッグストアで売られています)をカビの部分にスプレーし、数分放置してから、丁寧に水で流しましょう。

カビがひどい場合は、つまようじなどの先端が尖ったもので汚れを軽くこすってからスプレーするか、カビ内部への浸透力が高いジェルタイプの塩素系洗剤を塗って、指定された時間放置してからこすり洗いをすれば落とすことができます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る