ドライヤーの消費電力は意外と高い!おすすめエコドライヤー3選

  • LINEで送る

毎日使う家電の一つ、「ドライヤー」。実はこのドライヤー、家電製品の中でも消費電力がとても高いんです。家庭用のドライヤーのほとんどは600~1200Wほど。1日15分ほど毎日使用するとしたら、約280円ほどがドライヤーだけでかかっているのです!もし家族で使用していた場合、これが人数分だけかかるとなると月額1,000円以上、年間12,000円以上をドライヤーだけで支払わなければならない計算になります。今回は、消費電力が非常に低いエコドライヤーを3つご紹介します。電気代を節約したい方は必見です!

まずワット数(消費電力)を調べよう

「消費電力が低いドライヤーがほしい!でも、具体的にどんな点に注意すればいいの?」と思われる方は多いでしょう。

消費電力が低いドライヤーを見分けるためのポイントはたった一つ!「ワット数(消費電力)」です。ワット数(消費電力)が大きいほど、電気代がかかると考えていただいて良いです。

ただ、ワット数(消費電力)の小さいドライヤーは、同様に、風量が少なく、風速も遅いというのが多くの製品に言えることです。

出典:manatopi.u-can.co.jp

ここで一点注意していただきたいのは、「ワット数(消費電力)が小さい=風量が少ない、風速が遅い」ではないということです。

ワット数(消費電力)と風量・風速は全く関係ありません。ただ、ワット数(消費電力)が小さいとどうしても消費電力が少なくなるため、風量や風速が遅くなりがちということです。

ワット数(消費電力)と風量・風速は無関係ですが、ワット数(消費電力)と温度には深い関係があります。ワット数(消費電力)が大きいほど、温度も高くなるのです。髪のことを考えると、あまり高い温度のでるドライヤーは熱を髪に与えすぎてしまうのであまり良いとは言えません。髪は熱に弱いので、高い温度を当てられるとダメージを受けてバサバサになってしまうのです。

出典:josei-bigaku.jp

ドライヤーは通常、600Wから1500Wほどのものがあります。700〜1200Wほどが、高すぎず調度良いワット数(消費電力)と言えるでしょう。なので、700〜1200Wほどのワット数(消費電力)で、風量は多く、風速も速い製品が理想といえるでしょう。

以下では、そんな「理想のドライヤー」に近いドライヤーたち3つをご紹介します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]