デジカメの撮影サイズって結局どうするのが一番いい?

撮影時の撮影サイズの設定はどうしていますか?デジカメ性能の進化に伴って画素数もどんどん上がり、比例して撮影した写真のサイズも選択肢が増える一方。20MBを超えるポスターが余裕で作れそうな写真サイズもラクラク撮影できる画素数。きれいな写真が撮影できるのはいいのですが、撮影サイズ一つとっても選択肢がありすぎて「どれを選べばいいのかちんぷんかんぷん」という人も多いのではないでしょうか?また写真のサイズとマイデジカメの画素数との関係もわからない、などけっこう疑問は多いもの。実際の写真の大きさ目的別サイズの選び方から保存方法、後でサイズを変更できるアプリの紹介までご案内します!

写真サイズは最初から目的別に設定するべき?

出典:pixabay.com

結論からいえば、大切な写真ならある程度大きなサイズで保存しておくのがベターです。
撮影した後に写真のサイズはいくらでも変えられます。目安としては写真にプリントできる撮影さずを選んでおくとよいでしょう。大体ですが標準的なL版印刷だと 約1000×1500 前後のサイズがプリント専門店の推奨サイズのようです。大体このサイズならばデジカメの撮影機能が150万画素数(つまり=1000×1500)あれば十分なので、現在のデジカメが写真プリントだけの撮影をするにはもったいないほどのスペックであることがわかりますね。

はたしてお手持ちのマイデジカメが選択できる撮影サイズは何か?デジカメ本体のMENUボタンでかくにんするか、使用説明書を確認してみてくださいね。
まずはとりあえず撮影時の写真サイズは上記サイズ以上に設定しておかれることをおすすめします!




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]