タブレットとペンタブを接続してデザインブックを進化させよう!

タブレット+ペンタブのW使いはビジュアル派のマストアイテム。「文章で細かく説明するより得意のイラストで伝えたい」、「キーボード入力が面倒だからペンタブをためしてみたい」と思案中ならぜひ一度ペンタブレットを試してみませんか?マウスとは比べ物にならないくらいペンタブレットはラクにキレイに描画することができるので、パソコンとは思えないラストや手書き文字が描画できます。でも、どのペンタブを選べばいいのかわからない、そんなあなたのためにおすすめペンタブから利用上の注意まで一挙にご紹介させていただきます!

ペンタブレット操作上達のコツ!

出典:c1.staticflickr.com

やっぱりマウスで細かい絵を描くというのは至難の業!だからペンタブレットを導入してみたい!という方は多いでしょう。ペンを使って自由にパソコンを使いこなせる便利なツール、ペンタブがあればPCを使って思ううようなイラストが描ける!

しかし、ペンタブも思ったような絵が描けるようになるまではやはり練習が必要です。最初からいきなり本物のペンのようにすいすい書けるというわけにはいきません。まずはペンタブの感触に慣れることからはじめましょう。ペンタブレットがマウスと比べて格段に使いやすいのはペンと似た形状であることの他にも

・筆圧感知機能:ペンの圧力による力加減で線を調整できる
・ペン先選択可能:様々なペン先に細かくカスタマイズできる

この二点が実現できるから。逆にいえばこの「筆圧」「ペン先」コツをつかめば思うようにペンタブがコントロールできるようになるはずです。まずはペンタブを使った基本操作の練習からスタートしてみましょう!

クリック、Wクリックの練習

まずは基本動作の習得から!
ペン先でタブレットを軽くタップしてクリックやWクリックの練習をします。

文字を書く練習

まずはペンタブの操作に慣れること。ひらがなでもアルファベットでもいいので文字を書く練習からスタートするとペンタブ操作の上達が早いといわれています。

図形を描く練習

文字が上手に書けるようになったら、図形や簡単なイラストに挑戦してて見ましょう。

・震えずにまっすぐに線を引くことができますか?
・円や正方形など単純な図形を描くことができますか?
・ニコちゃんマークなど簡単な絵を描くことができますか?

ここまでくれば、かなりペンタブがコントロールできるようになっているはずですよ!もし、あまりにもペンタブがつるつるして書きづらい場合はタブレットの上にコピー紙を置いてみてください。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]