タブレットの使いすぎで頭痛がする?そんな時に試したい解決策はコレ!

タブレットユーザーの方々に質問!もしかして最近頭痛に悩んでいませんか?タブレットを購入してから一気に利用時間が長くなった頃からどうもおかしいというのなら、それはタブレット、スマホ症候群とも呼ばれる「ストレート(スマート)ネックという症状が影響しているのかもしれません。ついついタブレットに前かがみになってかじりついてる姿勢が最近のあなたの不調を引き起こしている可能性大!なんです。タブレットとうまく付き合っていくためにも、このストレートネックの原因と対策について押さえておきましょう!

タブレットがなぜ頭痛の原因になるのか?

出典:pixabay.com

ディスプレイ部分にスタンドがついている場合は別として、タブレットは机の上に置いて使うことがほとんどです。つまり大抵のタブレットを相殺している人は、うつむいた姿勢で操作していることになります。

その姿勢の場合、首がまっすぐのびた状態すなわちストレートネックとよばれる状態になるのですが、これは本来の首の骨の状態としてはとても不自然なことなのです。首の骨は本来頭の重心を保つことができるようにカーブを描いている状態になっているものです。

しかし、長時間うつむいている状態が長く続くと、首の骨のカーブが失われたまっすぐな状態、いわゆる「ストレートネック」の状態が固定化します。

さあ、これが頭痛の原因なのです。ストレートネックの状態だと、5kgはある頭部の重みを、首や背中の筋肉で支えなくてはいけません。角度が深くなるほど首への負担が増していきます。5kgのコメ袋が首の後ろにいくつものしかかっている状況を想像してください。こわいですね・・・

頭痛の他にも、肩こりやめまい、目の疲れなどの身体の不調を引き起こしてしまうのはこれが原因なのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]