タブレットと防犯カメラをドッキング!頼れるセキュリティ

タブレットがもはは手放せないヘビーユーザーの皆さんは、日々のスケジュール管理や仕事のデータ集め、SNSへの記事投稿などフルに活用していると思いますが、ちょっと視点を変えた使い方を試してみませんか?タブレットはなんと防犯ツールとしても使えるんです。監視カメラをつけるほどではないけれど、万一ベランダから侵入されたときに備えて、留守中は常時映像を撮っておきたい、など使い方は色々考えられますよね。買い替えで使わなくなった古いタブレットがまだ手元にあるならぜひ防犯カメラとしてよみがえらせましょう!

タブレットをどうやって防犯カメラにできるの?

出典:pixabay.com

手持ちのタブレットをネットワークアクセスできる監視カメラとして利用するためには、タブレット内蔵カメラを防犯カメラとして設定するカメラアプリのインストールが必要です。

つまり、外出先で監視画像を見るだけなら、タブレットにカメラアプリをインストールするだけでOKなのです。

え?簡単すぎますか?でも、本当にこれだけでタブレットを防犯カメラとして利用することができるんですよ。

外出先からタブレトにアクセスするなら「ポート開放」

もし、自宅に設置したタブレットに外出先からアクセスできるようにしたいなら通信ポート開放しておけばOKです。

ルーターのポート解放設定で、8080番へのアクセスをタブレット端末に転送するように設定しておきましょう。オンラインゲームをやる方ならおなじみのポート開放です。

初めて設定する、という方は次の手順をご参照ください。スタートメニューのルータアプリ項目を起動してください。

ポート開放設定の方法

1.お使いのルーターの設定画面を表示します。
2.ポート変換設定画面を表示します
3.2.で出した画面に以下項目を設定します

Internet側IPアドレス:固定グローバルIPアドレスを設定します。(このアドレスはプロバイダーから追加取得する必要があります。別料金のところが多いですね)

ポート:[HTTP(TCPポート:80)]を選択します

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]