タブレットは用途に合わせて購入しよう!サイズやOSによるベストな使い方

  • LINEで送る

最初のタブレットが発売されてもう6年になります。発売当初は今後パソコンは不要になり、多くがタブレットに置き換えられるのではという見方がありました。 しかし、現在タブレットの販売台数は当初の予測ほど伸びていません。 多くの人がタブレットの用途をいまいち理解していなという点が原因の一つです。ことです。 6年前に比べてスマホの大画面化が進んでタブレットとの違いがあいまいになってきました。ノートパソコンも薄型軽量が進んで、こちらもタブレットと大差ありません。 「タブレットには興味あるけど、何に使うんだろう?スマホとパソコンがあればそれでいいのでは?」という訳です。 それで今回はタブレットの用途について紹介したいと思います。

タブレットの画面サイズごとの用途を知ろう!

タブレットと一言でいってもいろんな画面サイズがあります。画面サイズに適した用途を紹介します。

出典:thehikaku.net

現在市販されているタブレットの主な画面サイズには7インチ、8インチ、9.7インチ、10インチ、12インチ以上のものがあります。

7インチ、8インチタブレットの用途は?

まず7インチタブレットの特徴は本体が小さく軽量であるということです。8インチタブレットは一回り大きくなりますが男性なら片手でしっかりつかむことができるサイズです。そのため持ち運びに便利なのでいつでもどこでも携帯することができます。

おすすめの用途は、通勤、通学途中の読書です。スマホより画面サイズが大きいので快適です。また自宅で寝転がりながらの、動画鑑賞、ゲームなどにもこのサイズのタブレットはピッタリです。

10インチ程度のタブレットの用途は?

このサイズになると、ノートパソコンのように使用することが可能です。携帯性もいいのでおすすめの用途としては、外出先でのブログの更新や文書の作成です。画面が大きいので作成文書のレイアウトの確認も文字入力もしやすいです。外付けのキーボードを接続すれば本格的な長文の作成も作業性がすごくいいです。

12インチ以上のタブレットの用途は?

現在市販されている12インチ以上のタブレットは性能が非常に高くすばらしい処理能力があります。画面サイズがほとんどノートパソコンと代わらないので、同じような作業ができます。画面が大きいので画面の片側にインターネットブラウザを開いておいて、それを見ながらもう片側で文書作成といったこともできます。

このクラスのタブレットにはペンシルが使えるものが多いです。ペンシルというのは、タブレット専用のペンのことで、このペンを使用して文字や線を引いたり、絵を描いたりすることができます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る