加湿器で肌は潤わない!?絶対NGな使い方まとめ

  • LINEで送る

寒くなると空気の乾燥が進み、ノドがいがらっぽくなるだけでなく、髪や肌までカサカサになってきます。美容雑誌で特集されているように、乾燥はお肌の敵!せめて、自宅やオフィスでは十分な湿度を保ちたいものです。しかし、使い方を間違えるとお肌にとって逆に悪影響を与えてしまいます。今回は加湿器のNGな使い方をご紹介します。

乾燥は肌ダメージに直結!理想の湿度は40〜60%

夏でも冬でも、エアコンの効いたお部屋ではお肌の乾燥が気になってしまいます。

お肌のお手入れをがんばっていても、肌がピリピリしたり、唇がパサパサしたりとお肌の潤い不足は感じるもの。これは、乾いた空気の中にいると、お肌の水分がどんどん蒸発してしまうからなのです。美容家の間では、お肌に良い湿度は40〜60%といわれています。

出典:www.receno.com

比較的湿度の高い日本では、冬場を除き平均的湿度は50〜60%程度あります。

世界的に見たらお肌にやさしい気候といえるようです。しかし、日本の冬場の湿度は30〜50%と他の時期に比べ低くなっています。湿度が30%以下になる日も多くあり、さらに、エアコンや電気ストーブなどを使うとお部屋の湿度は20%以下になることもあるのです。

お肌の乾燥がひどくなると、肌荒れや小じわの原因になるため、冬場はいかに湿度管理をしていくかが重要となってきます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る