スマートフォンの予備バッテリーどう選ぶ?見ておきたい4つのポイント

422

予備バッテリーを選ぶときに見ていきたいポイント

出典:pixabay.com

予備バッテリーは、商品ごとに重さもデザインも価格も違います。その人のライフスタイルに合わせて、「選ぶべき予備バッテリー」は違ってくるでしょう。

ただ、選び方にはいくつかのポイントがあります。

容量で選ぶ

まず、「容量」で選ぶ方法。当然ながら、容量が大きい方がより多くの充電量を見込めます。

なかには16000mAhのものもあり、スマートフォンの内臓バッテリーの量はそれぞれ違いがありますが、4~5回程度は、マックスまで充電させることができるでしょう。

長旅が多い人や、充電できる環境がなかなか整わない人の場合は、このように容量が大きいものを選んでおくと安心です。