スマートフォンの予備バッテリーどう選ぶ?見ておきたい4つのポイント

スマートフォンは非常に便利なものではありますが、ガラケー(従来型の携帯電話/ガラパゴスケータイ)と比べて、そのバッテリーの減りがとにかく早いのが悩みのタネ。プライベートに仕事にと大活躍してくれるスマートフォンも、バッテリーが切れてしまえば、ただの板切れになってしまいます。こんなときに頼りになるのが、「予備バッテリー」です。今回は、そんなスマートフォンの予備バッテリーをどう選べばいいかについて見ていきましょう。

スマートフォンのバッテリー、どれくらいの速さで減るの?

出典:pixabay.com

「スマートフォンは、ガラケーに比べると減る速度が速い」ということは周知の事実です。

実際、「ガラケーのときと同じように使っていたつもりだったのに、もう充電が10パーセントを切っていて焦った」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

スマートフォンは、多機能であるため、バッテリーの減りも早いです。また、さまざまなアプリを入れることで、待機電力もかかります。

スマートフォンのバッテリー持続時間は12時間

「どれくらいでスマートフォンの充電が切れるか」ということは、その人の使い方によって大きく変わるため一概には言えませんが、約12時間程度が目安といえそうです。

ガラケーが72時間であったことと比べると、スマホは、ガラケーの6倍の速さでバッテリーが減っていく、ということになります。

デートに行くために乗った電車のなかで、暇つぶしのためにスマートフォンを使っていたら、待ち合わせ場所に着くときにはすでに充電が赤くなっていた、なんていうことも……。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]