スマートフォンを安く買うための3つの方法

421

ただし、「借りる」というシステムであるため、大手の企業とは違う点も出てきます。メリットとデメリット、両方についてお話ししましょう。

使用に困らない程度のスペックを安価で提供

大手企業の通信インフラは、優秀であるがゆえに高価であり、オーバースペックになることもあります。より高度な技術や通信環境を整えるために、一般の人にはそれほど必要ないほど高い技術が使われていることがあるのです。

しかし、MVNOの場合は、「ユーザーの求める品質」に的確によりそうことができます。そのため、「スペックの最適化」を行うことができます。

ざっくばらんに言うのであれば、「それほどハイスペックではないけれど、日常的に使う分には十分な能力の機械を、安い値段で利用できる」ということになります。

MVNOのデメリットは回線の不安定さ

もっとも、MVNOにも問題はあります。