スマートフォンを安く買うための3つの方法

421

通信を行うためには、基地局やバックボーンが必要です。いわゆる「通信インフラ」と言われるものです。しかしこれを整えるのには、とてつもないお金がかかります。新規参入の業者にとっては、おいそれと出せるものではありません。

そこで考えられたのが、「MVNO」です。

MVNOは、「仮想移動体通信事業者」の略称です。まずは、「MVNOとは何か」ということをお話します。

「MVNO」とは?

現在、日本の通信業者の代表格は「ドコモ」「ソフトバンク」「au」です。それ以外にもいろいろありはするのですが、この3つが基本です。

上でも述べたように、新規参入の会社には自社で通信インフラを持つことは難しいので、このような大手の会社から通信インフラを借りる、というシステムをとることを考えました。

この方法ですと、当然業者側にかかるコストが安くなります。浮いたコストは消費者に還元されるため、消費者は安い価格でスマートフォンを持つことができるのです。