スマートフォンを安く買うための3つの方法

  • LINEで送る

「MVNO」を活用する

出典:pixabay.com

今まで触れてきた方法は、比較的シンプルなものです。しかしそれ以外にも、「MVNO」という選択肢があります。

通信を行うためには、基地局やバックボーンが必要です。いわゆる「通信インフラ」と言われるものです。しかしこれを整えるのには、とてつもないお金がかかります。新規参入の業者にとっては、おいそれと出せるものではありません。

そこで考えられたのが、「MVNO」です。

MVNOは、「仮想移動体通信事業者」の略称です。まずは、「MVNOとは何か」ということをお話します。

「MVNO」とは?

現在、日本の通信業者の代表格は「ドコモ」「ソフトバンク」「au」です。それ以外にもいろいろありはするのですが、この3つが基本です。

上でも述べたように、新規参入の会社には自社で通信インフラを持つことは難しいので、このような大手の会社から通信インフラを借りる、というシステムをとることを考えました。

この方法ですと、当然業者側にかかるコストが安くなります。浮いたコストは消費者に還元されるため、消費者は安い価格でスマートフォンを持つことができるのです。

ただし、「借りる」というシステムであるため、大手の企業とは違う点も出てきます。メリットとデメリット、両方についてお話ししましょう。

使用に困らない程度のスペックを安価で提供

大手企業の通信インフラは、優秀であるがゆえに高価であり、オーバースペックになることもあります。より高度な技術や通信環境を整えるために、一般の人にはそれほど必要ないほど高い技術が使われていることがあるのです。

しかし、MVNOの場合は、「ユーザーの求める品質」に的確によりそうことができます。そのため、「スペックの最適化」を行うことができます。

ざっくばらんに言うのであれば、「それほどハイスペックではないけれど、日常的に使う分には十分な能力の機械を、安い値段で利用できる」ということになります。

MVNOのデメリットは回線の不安定さ

もっとも、MVNOにも問題はあります。

それは、通信速度が遅く、回線が不安定ということです。大手の回線を「借りて」使う以上、一つの回線に多くの人のやりとりが集中することになります。

そのため、速度の低下が遅くなったり、安定しなくなったりしてしまうのです。これらのメリットとデメリットを理解したうえで選びたいものです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る