スマートフォンでのスケジュール管理はこうする!これを知って手帳におさらば!

今まで、「スケジュール管理」というと、「手帳」が一般的でした。しかし現在では、これに代わるものも出てきています。パソコンのカレンダーでの管理、ガラケーの予定表、そしてスマートフォンのスケジュール管理アプリ……。「機械」を使ったスケジュール管理が当たり前になりつつある今、求められるツールというのはどのようなものなのでしょうか。今回は、「スマートフォンによるスケジュール管理」についてお話していきましょう。

手帳?それともスマートフォン?どちらを選んでスケジュール管理する?

スケジュール管理の王道である「手帳による管理」と、スマートフォンによる管理ではどのような違いがあるのでしょうか。まずそれについてみていきましょう。

手帳でスケジュール管理するときのメリットとしてよく上げられるのは、「書くということで、自分の頭のなかでその約束事をしっかりと理解できる」という点です。これはありそうな話です。

たとえば、私たちはパソコンやスマートフォンで「薔薇」という漢字を何度打ち込んでも、手書きで書けるようにはならないでしょう。しかし手書きで「薔薇」という漢字を何度も書いていれば、それは「記憶」「経験」として自分の手にしっかりと残ります。

また、それ以外にも、「その日に感じたこと」「もらったチケット」などの管理を一緒に行える、というメリットもあります。

出典:pixabay.com

対してスマートフォンでのスケジュール管理の場合、手帳を持ち歩かなくてよいというメリットがあります。荷物を軽くすることができますし、書くときに手が汚れることもありません。

また、何よりも、スマートフォンの場合は「お知らせ機能」などが利用できる、という魅力があります。

締切などが近くなったらアラームを鳴らして教えてくれたり、画面に「今日が約束の日です」と提示されたりします。このため、スケジュールの落としが少なくて済む、というメリットがあります。仕事で使う場合は、クラウドサービスを利用することにより、ほかの人にも予定を共有できる機能があるとよいでしょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]