冷蔵庫の野菜室に〇〇はNG!野菜室の意味と正しい保存方法

現在、大き目の冷蔵庫(3ドアタイプ以上の冷蔵庫)には必ずといいっていいほど野菜室がついています。では、なぜ野菜室がついているのでしょう? 冷蔵室と野菜室の違いを解説するとともに、家庭での野菜の正しい保存法をお教えします。

ファミリー向け冷蔵庫についている野菜室って何が違うの?

出典:k-sally.sakura.ne.jp

ファミリータイプの冷蔵庫には、今やついていて当たり前になった野菜室。私たちは買い物から帰ってきたら、何の迷いもなく、野菜は野菜室にしまっています。しかし、それは食材を分類するためだけのものなのでしょうか?

温度と湿度が異なる

実は冷蔵室と野菜室では、温度と湿度がまったく違うのです。

まず温度は、メーカーや機種にもよりますが、冷蔵室は2℃から6℃くらいで、野菜室はそれよりも少し高い3℃から8℃くらいに設定されています。

湿度は、機種によってかなりの差があります。高湿度機能を備えた冷蔵庫は60%から90%くらいになりますが、そうでないものは20%から50%くらいのようです。高湿度の野菜室は、野菜をそのまま入れても鮮度が落ちにくい特徴があります。ただ、必要に応じて新聞紙やポリ袋、ラップなどを利用するとよいでしょう。

「冷暗所」がベスト

野菜室が登場する前は、野菜の多くは冷蔵庫に入れるのではなく、温度が一定に保たれ、直射日光の当たらない1~15℃くらいの「冷暗所」の置くのがよいとされていました。

ただ現在のキッチンではそのような場所を確保できる余裕がありません。しかし、冷蔵室に入れてしまうと、保存状態を冷たくしすぎると低温障害という現象が起き、野菜が傷んでしまう場合もあります。そこで適切なスペースとして、野菜室は重宝されています。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]