冷蔵庫のサイズ目安は家族の人数?本当に考慮すべきポイントとは

冷蔵庫は家族の人数を目安に、サイズを決定することが多いです。情報サイトや家電量販店の売り場をみても、だいたい人数を目安に紹介されています。では、それだけで冷蔵庫の大きさを決めてもよいのでしょうか? 今回は、本当に自分に合った冷蔵庫のサイズの選び方を紹介します。

最低限必要なサイズの目安は家族の人数

出典:lvimg.jp

適正容量は「70L×家族の人数+常備品スペース100L+予備70L」

一般的に冷蔵庫の適正容量は「70L×家族の人数+常備品スペース100L+予備70L」とされています。

つまり、1人暮らしで240L、2人暮らしだと310L、3人家族だと380L、4人家族の場合は450Lの冷蔵庫を購入すれば生活には困らないということです。

ただし、冷蔵庫のサイズは人数によって限定されるものではなく、機能などによってサイズが変わってきますので、一人暮らしの場合は2ドアで200L前後のもの、2人暮らしだと3ドアで300L前後のもの、ファミリー向けだと5~6ドアで400L以上のものと考えるのが通常です。

一番人気のサイズは400~500L

基本的に冷蔵庫は、ファミリー向けの400~500Lのサイズが一番の売れ筋で、その種類も豊富です。

テレビなどでCMが流れているさまざまな機能は、このサイズ以上でないとついていないこともあります。幅は400L前半のものは600㎜が主流、400L後半のものは650㎜が主流となっています。ただし、幅600㎜のものでも背が高いタイプだと、400L台後半のものもあります。

ドアも400L台前半が5ドアなのに対し、400L台後半のものは観音開きタイプの6ドアのものが増えてきます。近年は、三菱電機の「置けるスマート大容量」や東芝の「マジック大容量」など、省スペースでも500L以上の大容量冷蔵庫が出てきたのも注目です。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]