冷蔵庫のモーター音が気になる!知っておくべき対処法

冷蔵庫から発せられるモーター音。多少であれば気にならないですが、大きな音がずっと鳴り続けているようであれば要注意です。冷蔵庫のコンプレッサーやファンに不具合があり、放っておくと冷えなくなるなどの支障がでてしまう場合があります。冷蔵庫の原理を学びながら、もしもの時の対処法を紹介します。

どうしてモーター音がするの?冷蔵庫の基本構造

冷蔵庫は、コンプレッサー(圧縮機)、凝縮器、膨張弁、蒸発器という4つの機器で冷気を作り出し、冷蔵庫内に放出するという仕組みになっています。

冷蔵庫を冷やしているのは、冷媒というガスです(以前、冷媒はフロンガスが使われていましたが、フロンガスはオゾン層を破壊し地球を温暖化するので使用が禁止になりました。現在は代替フロンガス、ノンフロンガスに変わっています)。

この冷媒を、コンプレッサーで圧縮し、高温高圧ガスにします。それは凝縮器によって液化、膨張弁、そして蒸発器に通すことで、再び気化します。冷媒は、液体から帰化する瞬間に、大きく熱が奪われる特性を持っています。その特性を活かして庫内を冷やすのが冷蔵庫の冷却サイクルです。

出典:www.iscollection.jp

この冷媒は、再びコンプレッサーをはじめとする4つの機器を通じて庫内に戻ってきます。この循環を利用して、冷蔵庫は庫内を冷やし続けているのです。エアコンのシステムもこれと似たようなものです。

冷却サイクルの中でも、コンプレッサーからは熱が放出されます。ちょうどエアコンでいう室外機のようなものです。その熱が冷蔵庫内に侵入しないように、背面や側面から放出させているのが、冷蔵庫の基本的な構造です。

冷蔵庫内は常に、庫内を一定の温度に保つために電力を使います。そのため、冷蔵庫を長時間開けっ放しにしたり、熱いものをそのまま閉まったりすると、余計な電力を使ってしまうのです。また冷蔵庫に食品を詰め込むと、冷媒の循環を妨げることになり、余計に電力がかかってしまいます。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]