空気清浄機の機能まとめ!購入前に知っておきたい基礎知識

空気清浄機といっても、1万円以下のものから10万円以上のものまで、多種多様なものがあります。もちろん価格によっても、その性能、機能はさまざまです。今回は、空気清浄機にとってこれだけは必要とされる基本性能と、現在の主力製品の機能を紹介します。

空気清浄機の基本となる機能

出典:img1.kakaku.k-img.com

空気清浄機は、内蔵されているファンで室内を汚染している花粉やホコリ、ハウスダスト、ニオイ、ウイルスなどの物質を吸い込み、フィルターでそれを除去し、きれいになった空気を排出するという機能を持っています。

フィルターの働き

フィルターは通常、吸入口の一番近くにありホコリなど比較的大きなものを取る「プレフィルター」、花粉や細菌をろ過する「集塵フィルター」、ニオイを吸収する「消臭フィルター」に分かれています。

なかでも重要となるのが集塵フィルターです。集塵フェイルターの性能によって、空気清浄機の価格も変わるといっても過言ではありません。

特に高性能といわれるのが「HEPAフィルター」で、JIS基準で、「定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルタ」として定められています。このHEPAフィルターの有無で、商品選びをするのがおススメです。

ファンの風量が重要

室内の汚染物質をできるだけ多く取り込むには、ファンの風量が大きければ大きいに越したことはありません。

ファンの風量は、カタログのスペックでも確認できます。たとえば「7.0m3/分」という風量であれば、1分間に7.0m3の空気を吸い込めるということです。基本的には、これをもとに空気清浄機が何畳まで対応できるかを割り出していますので、単純に部屋の大きさに合ったものを購入するとよいでしょう。

ただし、空気清浄機はフィルターが汚れてくると、風量は同じでも集塵能力が落ちくるので、部屋の大きさの1.5~2倍程度の風量の空気清浄機を購入する方も多くいます。

空気清浄機では「換気」はできない

間違ってはいけないのは、空気清浄機はあくまで室内の空気を循環させながらきれいにするものであって、換気をするものではないということです。

そのため、タバコを吸ったり、焼肉をしたりするときは、やはり換気扇を回したり、窓を開けたりなどの対処をするほうがよいでしょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]