一人暮らしに掃除機なんていらない!?掃除機がないと困ることは?

一人暮らしに掃除機なんて必要ない。ほうきかクイックルワイパーでもあれば十分。ということで掃除機を持っていない方も多いのではないでしょうか。でも、実際に掃除機がないと「おや?困ったな」となる場面もあるはずです。布団圧縮袋を圧縮する時やふとん乾燥機でダニ対策をした時など、どんな時に掃除機がないと困るのか、対策はどうすればいいのか考えてみました。一人暮らしをする時などに掃除機を買おうか迷っている方は、本当に掃除機がいらないかどうか、決断するときの参考にしてください。

一人暮らしに掃除機はいらない!ほうきとクイックルワイパー活用術

出典:gorobucha.cocolog-nifty.com

一人暮らしに掃除機がなかったら揃えたい物

一人暮らしに掃除機がなかったら揃えたいものとして、良く挙げられるのがクイックルワイパーです。ほうきとコロコロとクイックルワイパーがあれば大抵の掃除はできるので、掃除機がなくても問題ありません。

あとはゴム手袋とガムテープです。ガムテープはコロコロが無い時に代わりになりますし、ゴム手袋でごしごしとこすると絨毯のゴミがとれます。

大きなごみはほうきで

掃除機がない場合、ほうきは必需品になります。畳やフローリングに落ちている大き目のごみをざっと掃いてきれいにしましょう。

畳を掃く時には、畳の目に沿ってほうきを動かすと、ごみを残さずにきれいにできます。ちりとりは使いやすいサイズの物を選びましょう。

小さなごみはクイックルワイパーで

小さなごみはクイックルワイパーでふき取ります。普段はドライタイプで、時々ウェットタイプを使うとフローリングの表面もすっきりします。

ウェットタイプのクイックルワイパーかぞうきんで拭き掃除をするときには、その前にひと手間かけるとよりきれいになります。

そのひと手間とは、湿らせた新聞紙をちぎってばらまくか、飲んだ後のお茶(茶殻)の水気を切って、撒いたあとにほうきで掃き集めるのです。新聞紙はインクの成分が汚れを落としてくれますし、茶殻を撒くとにおいの成分を吸い取ってくれるので消臭になるのです。

髪の毛などはコロコロで

糸くずや髪の毛などは、ほうきやクイックルワイパーでは取りきれませんし、くっついてしまうと手で取らなければなりません。見つけた時にコロコロで掃除することで、常にきれいにしてくことができます。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]