ノートパソコンの廃棄方法知ってますか?処分する際の注意点

もう古くなって使わなくなったノートパソコン。処分したいけどデータの消去方法がよくわからず、なかなか廃棄処分することができないという人も多いはず。ここではノートパソコンを廃棄処分する時の注意点をお伝えいたします。

「資源有効利用促進法」

出典:www.city.ichinoseki.iwate.jp

パソコンやディスプレイは「資源有効利用促進法」で製造メーカーが自主回収し、リサイクルする事が義務づけられています。

この法律では事業用と家庭用のパソコンに分けられ、事業用パソコンが平成13年4月から、家庭用パソコンは平成15年10月から施行されています。

対象は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、液晶と一体となっているパソコンなどです。

基本的には自治体での処分・回収は行われませんので、不燃物・粗大ごみとして出すことはできません。

しかし、プリンターやキーボード、マウスなどの周辺機器はこの法律の対象外ですので、自治体によっては不燃物・粗大ごみとして回収するところもありますが、これは自治体によって異なりますので、自分が住んでいる自治体のホームページで確認してください。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]