空気清浄機をメーカーごとに比較!それぞれの特徴まとめ

空気清浄機は、住宅の気密性が上がった現代において、一家に一台は置いておきたい家電製品です。 花粉やPM2.5など、空気の状態が気になる時も、部屋の中をきれいな空気で満たすことができます。 普及率を伸ばし続けている空気清浄機ですが、現在さまざまなメーカーから発売されています。 今回は、空気清浄機を販売しているメーカーごとの特徴について紹介いたします。 購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

空気清浄機は機能や価格帯がさまざま!

出典:k-seijyouki.com

空気清浄機は、空気が乾燥して風邪やインフルエンザの流行が始まる秋に新製品が発売されることが多いです。

そのため、ウイルスの繁殖の原因となる乾燥を防ぐ「加湿モード」がついているタイプの人気が高いです。

加湿モードの他に、除湿機能がついているものも多く発売されており、複合タイプが増えてきました。

高性能をうたっているタイプには、ウイルスの除菌ができるものもあり、空気清浄機内に取り込んだちりやホコリを内部で除菌するタイプと、空気清浄機からイオンを放出することで空気中に漂っているウイルスなどの菌を除菌するタイプがあります。

出典:lemonconfiture.com

また、近年はあえて単機能のシンプルな空気清浄機も人気を集めており、初期の空気を清浄化する機能を重視したタイプがあります。

価格帯も幅広く、安いものでは5000円に満たない機種があり、高いものになると10万円を超える高額な製品も発売されています。

空気清浄機に搭載されている機能の数や性能によって価格に違いがあるため、どのような部分で価格差が生まれているのか確認した上で、購入するようにしましょう。

最近はフィルターの交換もいらず、24時間フル稼働させても電気代が安く済む機種も多くあるので、自分の生活スタイルに合わせて重視するポイントを決めましょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]