どうして一眼レフ初心者に単焦点レンズがおすすめなの?

  • LINEで送る
       

単焦点レンズはカメラの腕を上げる!

出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

単焦点レンズは、ズームレンズと違って被写体そのものに近づかないと、ズームで撮影することができません。

そのため、自分で構図や最適な角度を模索しながら撮影をする必要があるため、良い写真を撮ろうと経験を積んでいるうちに、カメラの腕前がどんどん向上していきます。

カメラのオート機能に頼らず、被写体との距離感を頭の中で計算できるので、より精密で重い通りの写真を撮ることができるようになります。

また、子どもを撮影する際はコミュニケーションを取りながらの撮影が求められるため、子どもと親密な時間を過ごすことができ、より自然な笑顔を写真におさめることもできるのです。

こうした、カメラそのものの技術の他、被写体との付き合い方も学ぶことが出来るので、単焦点レンズを使うことで初心者からの卒業につながるのです。

単焦点レンズは、背景を簡単にぼかすことができるので、安易な構図ではバランスが悪くなったり、単調な写真になったりしてしまいます。

そのため、どういった構図にすれば美しい写真に仕上がるか、勉強をしたり経験を積んで体に染み込ませたりすることで、構図のバリエーションが広がります。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る