一眼レフの画質モードはどれがおすすめ?それぞれの特徴やメリット

子どもの成長や友人との旅行など、写真として残したい場面はたくさんありますよね。 一眼レフでの撮影は、その場その場のシャッターチャンスを逃さず写真に収めることができます。 しかし、せっかく購入した一眼レフを初期の設定のままで撮影していませんか? 一眼レフには「画質モード」というものがあります。 画質モードによって、写真を保存できる枚数や画質そのものに大きな変化があります。 そのため、画質モードは適切なものを選ぶようにしましょう。 今回は、一眼レフの画質モードのそれぞれの特徴やメリットデメリットについて紹介いたします。

画質モード「RAW」はファイルサイズが大きい!

出典:news.ricoh-imaging.co.jp

画質のRAW(ロー)は、別名生データと呼ばれているファイルサイズの大きい画質モードです。

撮像素子からそのまま取り出された電気信号をデジタル化しただけのデータであるため、写真らしさが強い画質状態で保存されています。

生データと呼ばれているとおり、加工前の写真データのため全く圧縮されないので、一番高画質の状態で撮影することができます。

そのため、撮影後に補正やレタッチなどを加える時はRAWで撮影することで、加工後も写真の画質をできるだけ落とさずに保存することができます。

出典:s-grapplers.lifelabo.com

また、データサイズがどうしても大きくなってしまうので、重いデータをスムーズに取り込むことのできるスペックを持っているパソコンや、できるだけ読み込みの早いメモリーカードが必要となります。

写真を編集する際は、RAWを表示できるソフトウェアを用意する必要もあるため注意しましょう。

撮影したあとでも、色味を変えたりホワイトバランスを変更したりと自分のイメージに合わせた写真に仕上げたい人はRAWモードで撮影をしましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]