正しいデジカメの捨て方を知ってデータ残留などのトラブル回避

  • LINEで送る

身近な家電の一つであるデジカメ。携帯電話と同様に日進月歩で技術が進んでいるため、買い換える頻度が高いツールの一つかと思います。そして新しいデジカメを購入する時、以前のデジカメをどうやって処分するべきか、その捨て方を悩んだことはありませんか?デジカメは正しい捨て方をしないと危険であり、損をしてしまいます。そこで今回はデジカメの捨て方について説明して行きたいと思います。

個人情報、画像データは必ず削除しよう!

出典:cdn.rentio.jp

デジカメを長期間使用していると、そのデジカメの中には様々な情報が蓄積されていきます。中でも危険な情報は、あなた自身やあたなの身近な人物に関する個人情報に関するデータです。

別に個人情報をデジカメに入力や登録した覚えは無いから大丈夫だなんて考える人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

個人情報とは、当然ですが名前や住所、電話番号などといったテキストデータに留まりません。例えばデジカメ内に残されたあなたの顔写真、写り込んだ街並み、撮影時間などからも、様々な個人情報を類推・取得することが可能です。

さらに自分の個人情報だけでなく、家族や友達の情報もデジカメには含まれていると考えた方がいいでしょう。もしデジカメ内のデータから情報が流出した場合、自分だけではなく周囲の人達にまで多大な迷惑をかけることになるのです。

また特に最近のデジカメは通信機能を備えており、SNSやクラウドへ直接アップする機能なども付いていたりしますので、そこから大事なファイルの盗難であったり、ネットで使用しているIDやパスワードの流出や不正利用などの危険もあります。

その為デジカメを捨てたり手放したりする際には、その処分方法に関わらず、必ず全てのデータを消去しておく必要があります。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る