加湿器にはなぜ「水道水」?カビが繁殖しやすい加湿器の特徴

空気が乾燥する季節になると、お肌やノドもカラカラになってしまいます。湿度が低くなると、鼻やノドの粘膜が乾燥して炎症を起こしすくなり、ウイルスなどを防御する力が衰えます。カゼ予防やお肌のためにも、せめて室内は適度な湿度を保ちたいもの。そこで活躍するのが加湿器です。加湿器に欠かせない水はなぜ「水道水」なのでしょうか?水道水を使う理由と、水道水につきもののカルキ汚れのお手入れ方法をご紹介します。

補給する水はなぜ「水道水」でなくてはいけないの?

加湿器は、スチーム式や超音波式など加湿する仕組みは異なりますが、一部を除いて水を補給して使用するのがほとんどです。

タンク内の水がカビや雑菌を含んでいると、それも蒸気と一緒に空気中に拡散してしまいます。加湿器を使用するには、この水を衛生的に保つことが大切です。

出典:www.kyuaipc.jp

加湿器に補給する水は、「ミネラルウォーター」や「アルカリイオン水」、「浄水器を通した水」の方が健康に良いイメージがあります。しかし、加湿器の製造メーカーはそろって「水道水を使用するように」と取扱説明書に記載しています。

水道水には、微量の塩素などが含まれているため雑菌やカビの胞子がほとんど存在せず、その繁殖を抑えます。塩素は時間がたつと次第に薄くなりますが、ミネラルウォーターや、アルカリイオン水などの多くは塩素殺菌されていないため、水道水に比べてカビや雑菌が繁殖しやすくなるのです。

カビや雑菌の繁殖を抑えるには、塩素が含まれている水道水が最適なのです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]