温度にも注意!電子レンジで使える容器、使えない容器を見極めよう

  • LINEで送る

電子レンジは、火を使わず短時間で簡単に食品を温められる便利な家電です。お弁当を温めたり、料理の下準備をしたりと主婦の強い味方の電子レンジ。しかし、温め過ぎると温度が上がり過ぎてしまい、火傷や容器破損などの危険があるのをご存知ですか。電子レンジを使うときは、食品だけでなく容器にも気を付けなければなりません。そこで今回は、電子レンジで使える容器と使えない容器をご紹介いたします。

電子レンジで使える容器

出典:www.cocopri.jp

電子レンジに食材を入れて温めると、水分を含む食材は最高で100度、油を含んだ食品は120度以上に温度が上がります。もちろん、数分加熱するだけではこれほどの高温にはなりませんが、長時間の温めは温度も上昇させてしまいます。中には、高温に耐えられない容器もあるので、使用前に必ず電子レンジで使えるものか確認してみてください。

耐熱性ガラス

耐熱性は高温にも強いため、電子レンジに使用することができます。ただし加熱後、急冷すると割れてしまう恐れがあるので注意してください。また、電子レンジの「オート機能」を使う場合は、中身が高温になり過ぎて蓋が飛ぶことがあるので、蓋を外して使うようにしてください。

耐熱性プラスチック

プラスチック容器の場合は「電子レンジ使用可能」表示があるものを選んでください。耐熱のプラスチック容器は、耐熱温度140度以上となっています。ただし、容器は耐熱でも蓋が耐熱でない場合もあるで、外して使うことをお勧めします。また、油脂や糖分が多いものは高温になりやすく、耐熱性のプラスチックでも溶けることがあります。

陶器、磁器

陶器、磁器も電子レンジで使う事ができますが、金、銀箔が入っているものは使えません。金属は電子レンジで使うと、火災の原因になるので避けるようにしてください。また、陶器や磁器は熱が伝わりやすいため、電子レンジから取り出すときに火傷をしないように注意してください。

ラップ

ラップも、耐熱140度以上の物を使ってください。ただし、油分が多い食品は高温になるので使うことができません。また、ポリエチレン製のラップは溶けて燃えることがあるので、使うことはできません。

ポリプロピレン(PP)製の容器

コンビニやスーパーで買ってきたお弁当を、電子レンジで温めて食べることがあるはずです。お弁当やお惣菜の容器は、ポリプリピレン製の容器なら電子レンジで温めることができます。容器に『PP』と書いていればポリプロピレン製です。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る