除湿機を使うと暑い!?知らないと損する除湿方式の違い!

除湿器って皆さんいつの時期に使いますか?花粉の季節や梅雨の時期、冬場でも除湿器を使って快適さを求める人は多い様子。ここ数年で除湿器の人気はどんどんと上がってきているんです。しかし一方で「うちは除湿器を使うと暑く感じて結局使わなくなってしまった。」という方もいます。夏場に除湿器を使って不快なほど暑く感じる方は、実は除湿器選びの段階で間違えてしまっているかもしれません。暑く感じず室内をカラっと気持ちよくしてくれる除湿器は、このように選べば良いんです!

何故除湿器を使うと温度が上がるの?

出典:cdn.patch.com

一般的な除湿器の仕組みは、部屋の湿った暖かい空気を取り込んで、内部で冷やすことで結露させ、空気中に含まれる水分を取り除いて乾いた空気を外に放出するというものです。

これにはコップの結露と同じ仕組みが使われています。冷たい水をコップに注ぐとコップ周囲の空気の温度が下がります。そして冷たくなった空気中の水分が水滴となって現れますよね。これを機械の中で行うことで部屋の水分を少なくしていくというものなんです。除湿器から出る空気が冷たく感じるのはこのためです。

出典:www.irest.jp

この仕組みだけ見ると部屋の温度を下げてくれそうな印象ですが、実は大きな落とし穴があるんです。

除湿器を稼働させるにはモーターが必要です。モーターが稼働することで機械自体が熱を発してしまうので、放出する空気は冷たくても室温を数度あげてしまうこともあるんです。

エアコンなども同じように稼働することで熱を出しますが、熱は家の外に出ています。なのでエアコンでは涼しくなるのに、除湿器では暑く感じてしまうのです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]