冷蔵庫を移動したらすぐに電源を入れてはダメ!それ本当なの?

  • LINEで送る

引っ越しなどで冷蔵庫を移動しているときに、こんなことを聞いたことはありませんか? 「冷蔵庫の電源は移動の前、早めに切っておかなければならない!」「冷蔵庫の電源は移動後すぐに入れてはいけない!」などです。 実際のところはどうなのでしょうか?どんな根拠があるのでしょうか? 今回は冷蔵庫を移動させるときの電源にまつわることをまとめてみました。

引っ越しの場合、冷蔵庫の電源はなぜ早めにきるの?

出典:hikkoshi.suumo.jp

引っ越しの直前に電源を切っても冷蔵庫事態にダメージはなにもありません。でも早めに切っておくと良い理由があります。

ほとんどの冷蔵庫には冷凍庫もあります。電源が入っているときは凍っていますが、電源を抜くと当然冷蔵庫と冷凍庫内の霜が溶け出します。大体霜が溶けて液体になるのに15時間くらいかかります。

電源を切ってすぐに業者さんに運んでもらうと、冷蔵庫の中には大量の水が入っている状態になります。引っ越しの途中で冷蔵庫の扉が開いてしまうと、そこらじゅうが水浸しになります。引っ越し車両の中で振動によって扉が開くと、他の荷物が濡れてしまいます。

こうした事態を避けるために引っ越しの前に冷蔵庫の電源を切って、冷蔵庫の水を取り除いてあげる必要があります。それで引っ越しの場合、最低15時間前には電源を切っておくべきなのです。

もちろん部屋の模様替えなどで冷蔵庫を移動する程度なら、すぐに作業が完了するので霜が溶けて水浸しになる心配もありません。作業の直前に電源を切っても何も問題ありません。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る