電気シェーバーで深剃りするコツは?正しい手順とポイントまとめ

電気シェーバーはカミソリよりも肌に負担をかけずに、ヒゲ剃りをすることができる製品です。 しかし、ヒゲが濃いと朝にしっかりと剃っても夕方になると伸びてきて気になってしまうことがありますよね。 できるだけ深剃りしたいと思っても、無理に肌に押し付けてヒゲを剃ると皮膚に傷をつけて肌荒れを起こす可能性があります。 今回は、電気シェーバーでうまく深剃りをするためのコツやポイントについて紹介いたします。

間違った深剃りは肌にダメージを与えている!

出典:encrypted-tbn3.gstatic.com

ヒゲを剃ったあとは、肌が傷ついて赤くなったりヒリヒリしたりすることがありますよね。電気シェーバーは、カミソリとくらべて肌に優しいですが、ヒゲの他に肌の角質層も削り取っているのです。

この角質層は肌を紫外線などの外部から受ける刺激から守ったり、水分量を維持したりする働きを持っています。

そのため、角質層が減ると肌のバリア機能が弱くなることで、雑菌が侵入しやすくなるだけでなく、水分が少なくなることで乾燥肌の原因にもなります。

出典:menscosmetics.info

特に男性はほとんど毎日電気シェーバーでヒゲを剃っているため、傷ついた肌が休まる暇がなく、どんどん肌荒れが悪化して、炎症がひどくなることでニキビや吹き出物などの肌トラブルに悩まされることになります。

この肌へのダメージをできるだけ減らすためには、肌にやさしい方法で深剃りをすることが大切です。

正しい深剃りの方法を身に着けて、肌トラブルを回避しましょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]