壊れた電気シェーバーの捨て方は?各部位ごとの注意点

電気シェーバーは、男性にとって毎日の身だしなみに欠かせない家電製品です。 しかし、長年使っていると刃が傷んでしまったり、充電池に寿命がきてしまったり、さまざまな理由によって使い続けることが難しくなってしまいます。 この壊れた電気シェーバーは、どのように処分すればいいのかご存じでしょうか? テレビや冷蔵庫などの大きな家電でもないし、だからといって普通のゴミと同様に燃えるごみとして出していいのか不安に思ってしまいますよね。 今回は、電気シェーバーの処分方法、洗浄液や替刃の捨て方について紹介いたします。

壊れた電気シェーバーは何ゴミに分類されるの?

出典:encrypted-tbn2.gstatic.com

壊れた電気シェーバーは、燃えないゴミとして扱われます。30㎝四方よりも小さい家電製品は、「小型および複雑ゴミ」に分類され、「不燃ゴミ」として処理している自治体がほとんどです。

また、大型家電量販店などでは「家電リサイクル法」にのっとって、家電製品のリサイクルに努めているところも多いです。

現在日本はゴミの発生を抑制し、今ある資源を有効活用する循環型社会を目指しており、使わなくなったものや、壊れた家電製品を引き取ってリサイクルしているのです。

充電池の処分には注意が必要

そして、壊れた電気シェーバーも「小型家電リサイクル法」によって、国から認定を受けている再資源化事業者がリサイクルを行っています。お店によってはリサイクル料金が発生し、だいたい500円から1000円程度で処理してもらうことができます。

また、電気シェーバーを捨てる際は、充電池の処分の仕方に注意が必要です。

電気シェーバーの電池には「リチウムイオン電池」が使われている場合が多いです。このリチウムイオン電池は、だいたい500回程度繰り返し充電して使うことができますが、充電をする度に一度の充電で使える時間が短くなっていってしまいます。

そのため、電気シェーバーの場合は3年から4年程度で電池の交換が必要になる場合が多いのです。

出典:docid81hrs3j1.cloudfront.net

そして、このリチウムイオン電池などの充電池は、ゴミとして出すのではなく、リサイクルが推奨されています。そのため電気シェーバーを捨てる際は、取扱説明書を見ながら充電池を取り出しましょう。

電気シェーバーから取り出した充電池は、家電量販店などに置かれている「リサイクルボックス」に入れてください。この時、充電池がショートを起こして発熱や発火が起こらないように、端子部分にテープを貼って絶縁状態にしておきましょう。

回収された充電池は、リサイクルメーカーへと送られ、適切な方法で資源として再利用されるのです。

リチウム電池を長持ちさせるコツ

このリチウムイオン電池をできるだけ長持ちさせるには、満タンに充電しすぎず、また完全に充電が使われた状態で放置しないことが大切です。

だいたい40%から50%程度充電されている状態で、涼しいところに置くことで寿命を伸ばすことができます。

また、日常的に使っている間も充電が済んだら充電器から外しておくようにしましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]