美顔器を使う頻度は?イオン導入器&超音波美顔器の注意ポイント

 さまざまな美顔器が発売されており、自宅でエステ並のケアができる事からも人気を集めています。美顔器は使えば使うほど美しくなれそうだと思いがちですが、実は使い方を誤るとトラブルを起こしてしまうこともあります。「イオン導入器」と「超音波型」の2種類の美顔器に焦点を当てて、使い方のポイントを紹介します。

美顔器の種類「イオン導入器」

出典:www.ib3health.com

イオン導入器とは?

イオン導入型またはイオン導入器と呼ばれている美顔器は、肌に微弱な電気を流す事で肌の深い部分まで美容成分を浸透させることができる美顔器です。

洗顔後に導入したい化粧水や美容液をつけ、美容パックやコットンの上から美顔器を当てて使います。

わたしたちの肌の表面の角質層はプラスイオンが多いのに対し、角質層よりさらに内側にある顆粒層はマイナスイオンが多く存在しています。そのため、角質層と顆粒層の間にはごく僅かな電流が流れていて、肌を守るバリアの様な役目を果たしています。

出典:www.serena-beauty.com

イオン導入器で肌の表面からマイナスの電流を流すことによって、肌の角質層と顆粒層の間に流れるバリアを弱め、肌の深い所まで美容成分を届ける仕組みになっています。

イオン導入器を使うことによって、コットンや手で化粧水や美容液を塗った時よりも高い効果が得られると言われていますが、ただし、どのような成分でも浸透させられる訳ではありません。

粒子の小さなビタミンC誘導体やアミノ酸、プラセンタの成分を肌の奥まで浸透させることができますが、コラーゲンやヒアルロン酸は粒子が大きいため肌の奥まで浸透しにくいので注意をしてください。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]